情報を生かすも殺すも自分次第!!

mendan20.comを徹底検証!!

 

興味深いこの商材本当に稼げるのか?システムは?自分にも出来るのか?

商品紹介文には、そりゃ『稼げる』という文字が躍るのは当然。

漠然と全体像を見ているだけでは、『ネット』『稼げる』『詐欺だ』『被害を受けた』そういったキーワードが独り歩きをし、あやしさだけが募りがちではある。

 

ただ、本気で稼ぎたいと思うならば、そういった『広告』や『風評』に惑わされず、良い情報も悪い情報も、情報を発信する人の主観を抜きにして、本質を見極める必要があるのではないだろうか。

私なりに、商材の価値を読み取り、風評を検証してみようと思う。

 

→興味のある人は、まずコチラをチェック!!

 

※商材には、本編と番外編があるようなので、以下はその二つについて同様に検証していくものである。

 

 

・初期投資の問題

 

私がまず気になったのは、その値段だ。

正直、安い!!安すぎる?!・・・と思ってしまったくらいだが、その安さでなぜそこまで興味深いだなどといわれるのか。そんなに稼げるのか?

 

対面での情報提供が前提のこの商材、値段設定は、

1、              往復の交通費

2、              出張料金(15~16

3、              情報量5,000

この三点のみなのである。

 

ちょっとした資格所得などのスクールに通っても、これ以上かかるのではないだろうか?

以前通ったことのある、アロマテラピーのスクールは、受講だけでもこのくらいはかかった上に、最後にお店を出したりするために必要な『資格』を取ろうと思ったら、さらに数万単位での受験料や登録料が必要だった。

その時は結局『資格』までは取らなかったので、ただ単にアロマの知識を得たに過ぎず、結構お金をかけたにも関わらず、単なる趣味に毛が生えた程度にしかならなかった・・・。今思えば、その程度ならネットでも充分知識は得られたと思われる。ただ、実習が出来たり、精油を安く購入できたりしたこと、そのための受講料だったかな、という程度だ。

着付け教室にも通ったことがあるが、こちらはさらに敷居が高い。最近は、着物離れが加速していることも影響して、着付け教室自体は無料だったりもするところが多くなっているが、相変わらず大手は結構な受講料を取っている。

しかも、着付け教室や、結婚式場などでの着付けで稼ごうと思えば、看板をもらうための実技試験を受ける必要があるが、それがまた、この商材の出張料金くらいはかかるかという高額ぶり。お茶やお花もそうかもしれないが、「看板」というものはなかなか敷居が高いようである。

 

また、身近なところでは、ユー○ャンといった資格取得の通信講座、学習塾や家庭教師は、最たるものではないだろうか。

こういう学習系のものだと、それだけでは足りずに、参考書などもプラスすることも必要になるだろう。

 

しかも、そういったスクールなどに通っても、資格取得のための勉強など、自分が努力しなければそのスクール代もムダになるという点においては、この商材で情報や方法のレクチャーを受けただけでは、黙っていて稼げるわけではないということと同じなのではないだろうか。

商材の説明においても、『稼ぐ方法を教える』ということであって、作業が必要であること、作業時間と収入は比例すること、などなど、しっかりと明記されている。

(※その作業は特段難しいことではなく単調なもので、データ入力とかテープ起こしとか、そういった類の仕事であるということなのだから、それすらもやらずに大金を稼ごうと考えるほうがどうかと思うわけなのだが・・・)

 

そう考えると(考えなくても)、決して法外な値段ではないと思われる。

身近で、当たり前のように思えるものと比較してみると、その性質が客観的に理解出来るように思う。この商材は、決して魔法のキーワードでもなく、当たりの宝くじを買うようなものでもなく、ましてやヤバイ世界に足を突っ込むようなものでもない、本当にタダの、仕事のノウハウなのではないか?それを忘れてはいけない。

 

しかも、商品説明を読む限りでは、これ以外に必要経費は、参考にする書籍代くらいで、それも必要とあらば、という程度だというから、最初に挙げた3つの費用を払えば、とりあえず始めることが可能だということなのだ。

 

また、スクールなどに通う費用や参考書代などは、保険のようなもので、それに手をつけたというだけで安心してしまい、その後の努力を怠りがちではある。問題は、自らがどれくらい努力することが出来るのか、ということなのである。

 

そういう点において、どうせお金を払うのならば、努力が努力でなくなるような、もしくは努力の仕方を教えてくれるような、さらには努力をサポートしてくれるような、そのようなものを選ぶこともまた、大切なポイントなのではないかと思われる。

 

その点、この商材サポートに関しても良心的だ。

元が取れるまでは無料サポートつきなので、問題ナシ。

元が取れるようになってからは、これ以上のサポートが必要ないと思えば、最初の金額だけで、その後は自己流で続けるのもOK

サポートを必要とする場合でも、元が取れて以降の売り上げの20%を支払えば、その後も引き続き、メールが主体だがサポートを受け続けることが出来るので安心だ。これが、仮にシステムを借りて商売するといった場合のロイヤリティと考えたとしても、20%は妥当なところだろう。そうではなく、サポート料というだけなので、ずっと支払い続ける必要があるわけでもなく、独り立ちすることが出来れば、支払う必要もなくなるのである。

また、一度会って説明を聞いただけでは、後で一人になってやり始めてみたもののイマイチ理解が十分ではなかった・・・といった場合にも、もう一度会ってレクチャーを受けることも可能なようだ。こちらも、交通費とミーティングの場である喫茶代でOKというのだから、これまた至極良心的だと思われる。

 

無料サポートの期限を、元が取れるまで、としているところにも、好感が持てる。普通は、1ヶ月や3ヶ月などと、期限を一方的に区切っているところも少なくはないのではなかろうか。あるいは、すぐに元は取れる、という自信の表れなのかもしれない。購入する側からしても、この点がある種の保険のようにも思える。

その後、もっと上を目指すために、もっと稼ぐために、このやり方でさらなる収益アップを確実に続けていくために、サポートを選ぶのも自由、ということなのだろう。自己流でぶれてしまうよりは、最初はサポートしてもらったほうが良いのかもしれないが、コツコツ地味に続けていければそれで良いような気もする。

 

 

しかも著者は、「いきなりこれだけで稼ぐことも出来ますが、社会的な地位や病気のことを考えると定職をもっておくべきですので、このやり方を推奨しているわけではありません。」・・・と、これまたご丁寧に、購入者のリスクを減らすためのアドバイスもしっかり忘れていないようだ。

 

この方法でしっかり収益を挙げているであろう著者ならではの、実体験からくるアドバイスなのかもしれないが、夢だけ見て、他人の知恵や経験をお金で買って楽してもうけようと考えている人に、現実や足元をしっかり見させておくことも、確かに大切なことである。

また、そういった浅はかな考えを持って飛びついてくる人達を、ふるいにかける意味もあるのかもしれない。

 

ある意味賢い?

 

 

さて、この料金システムの一体どこに文句のつけようがあるのだろうか??

 

その点については、まず、このシステムでの収益をあげる方法について、根本的なところを考え直す必要があるのではなかと思われる。

 

 

・本当に稼げるのか?

 

さて、これに関しては、収益を上げる方法の根本を、心底理解し、納得し、実行する必要がある、というだけのような気がする。

 

 

 

つまり、このシステムで稼げる人と、稼げない人(このシステムが苦になる人と、前向きに取り組める人、とでも言おうか・・・)がいるということは、確かなのかもしれない。

それについては、否定しない。

ある意味、それはどんなことにも共通することで、何も特別なことではない。どんな仕事でも、向き不向きがあることは、誰もが実感しているところなのではないだろうか。この商材の場合、まず第一に、単純な作業をコツコツと続けることが出来る、という要件は必須であるように思われる。

 

また本人も、こういう人にノウハウを売りたい、と、公言している。

 

宣伝ページでは、むしろ購入意欲をそぐような、売る相手を選ぶかのような強気な言葉も並んでいる。

 

 

やる気のある方限定

 

態度の悪い方、意識の低い方は、販売をお断りさせていただくこともあります

 

 

・・・つまり、地道にコツコツと作業出来るという要件のほかに、商材を色眼鏡で見ないちょっとしたことを否定的に取ったり揚げ足を取ったりしない、などなど、要は、素直で前向きに物事に取り組むことが出来る、という要件も必要なようだ。

 

 

わかりきったことのようだし、そのような強気とも取れる、相手を選ぶような姿勢はどこから来るのだろうか。わざわざ改めて明記するようなことなのだろうか?もしくは、それほど、そのような忠告も見落とし、ただ楽に大金を稼ぎたいといった意識レベルの低い購入者が多い、ということなのだろうか??

 

 

まず一つには、ネットでの批判が多いことからもわかるように、誤解を受けやすいシステムであるということがあるのではないだろうか。

 

冒頭でも言ったように、誹謗中傷は時々見受けられる。

 

がしかし、その人たちの不満を見る限り、このシステムになじめない人、もしくは最初から懐疑的であったり、そもそも楽して儲けたいという気持ちの強い人、宝くじのような一攫千金を狙っている人などにとっては、いくらサポートを受けても、このシステムの根本が身につかないのではないだろうか、という気がする。

 

予想していたよりも努力や根気が必要であったり、自分が思っていたようなペースもしくは量的に、収益があがらないといった結果が出ると、不満が募るだけであろう。要するに、出だしが誤解で始まっているのだから、結果が思ったようにいかないのは当然といえば当然なのだ。

 

さらには、商材を購入したこともない人が、こういう商材なのではないか、こういう説明ではたかが知れている、といった、憶測での非難を堂々と展開しているサイトもある。

そのようなパターンなど、論外といったところである。

 

また、ネットでこのシステムを批判している声の中で、

「返金を求めたが、応じてもらえない」

といった書き込みに、

「しかし、元は十分に取れているくらい稼げているのに、返金には対応出来ません」といった返答がなされていた。・・・稼げている、といえるのではないのだろうか・・・?それとも、もっと稼げると思っていたのに、もしくはもっと簡単に稼げると思っていたのに、思っていた状況と違うから、全額返金してくれ、とでも言うつもりなのだろうか。元も取っているのに、どの部分をもって詐欺だというつもりなのだろうか??

 

さらに、「15万も払うほどの情報ではない」

といった批判も見受けられるが、

最初に述べたようにカルチャースクールだってそのくらいかかるものもあるくらいだ。

資格取得のためのスクールおよび資格試験代などに至っては、もっと驚くような金額のものもたくさんある。

この商材のシステムは、その費用と性質が似ているようにも思う。

情報を得ただけで、黙っていても大金が舞い込んでくるわけではないし、そもそもそんな情報など怪しさ満点なだけである。情報を得て、それを元に自らが仕事し、その対価を得る。さらに、その仕事のやり方のサポートがついている。というものなのだから。

 

ハンドルネームやIDを変えて出品しています、といったような、悪意を持った追跡のようなことまでされている。

自分に合わなかったら、合わなかった、と思うだけで済ますことは出来ないのだろうか。何度も言うようだが、そこまでの値段ではない、と思われる。

金額の問題ではない、という反論もあるかもしれないが、そもそもシステムとして詐欺といえるようなものではないのだから、本を買って面白くなかったから返金しろと言っているようなものではないのだろうか。そんなこと、日常言っているだろうか?それこそ、単なるクレーマー以外の何者でもない。

 

情報購入者の主観も、大いに影響しているように思われる。

何事も、万人に適するオールマイティなものなど、ないのではないか?

誰もが簡単に億万長者になれる方法などないのはもちろんだし、普通に仕事と考えても、単純作業が好きな人もいればキライな人もいるし、営業が天職だと思える人もいれば、人にモノを売りつけることが苦手な人もいる。

ものすごい人気者だって、その人のことを嫌いな人が一人もいないというわけではないはずだ。

 

そういったことを総合して考えると、批判や不満の多くは、被害者意識が過ぎるようにも思える。自分のことを棚に上げている人も、少なからず存在するようだ。

 

脅された、といった、言った言わないのレベルでの主張をお互いが繰り返している場面も見受けられる。

そういった悪意にさらされるからこその、ハンドルネームやIDの変更なのではないか、とも思われる。

 

先ほども述べたように、このシステムで、色々と被害を報告している人の中にも初期投資を回収するほどとりあえず稼いだ人もいるようだし、つまり稼げないわけではないことは間違いない。

ただそれが、その人に合うか合わないか今後も前向きに続けられるのかそこまでの覚悟がなくて続けられなかったのか、それは情報を購入した本人の問題なのではないだろうか。

 

もし、購入してある程度努力しても、ずっと続けられるようなものではないなと感じたのなら、初期投資回収という最低ラインをクリアしたらやめるといったことも、自分で選択すれば良いだけの話なのではないか。

ある程度までがんばったら、後はもっと自分に合うまた別の稼ぎ方を探しつつ、いざという時の資金源として活用する、といった方法だってあるかもしれない。

 

何度も言うが、それは、詐欺でもなんでもない。

 

もしかしたら、被害報告を見て購入をあきらめた人の中に、このシステムにぴったりな人材がいる可能性だって、ゼロではない。

自分に合わなかったからといって、他人の可能性まで奪う必要があるのだろうか・・・。

 

 

このような、『お金を稼ぐ』といった人間の欲望がむき出しになりがちな状況における過剰な期待や被害者意識が、冷静さを失わせているのかもしれない。

冷静に情報を受け止め、自分なりに活用しようと、まっさらな気持ちで向き合って、謙虚な気持ちで努力することが出来れば、あるいは、あまりこのシステムに向かない人でも、仕事だと割り切って頑張ることも出来るのではないだろうか。

 

つまり、そういう姿勢は、何事にも通じるものなのだが・・・

情報を活かすといったこと以前に、情報をうまく自分に取り込むことが出来るか、その段階において、失敗してしまっている人も少なくないような気がする。やはり、この商材への誤解の多くは、出だしでの失敗が大きいと思われる。

 

 

また、この売主は正直に、

 

自分の収入にも繋がるので』

 

と書いているが、つまり、この情報を伝え、その人自身にも儲けてもらうと同時に、一緒に収益を上げていける仲間を探している部分もあるようだ。

そりゃ、側近中の側近を探すのと同じなのだから、相手を選ぶのは当然なのではないだろうか。社員採用と考えれば、納得である。

同じ時間をかけるなら、より質の良い仕事が出来る人、より気持ちよく仕事でかかわっていける人、そういった人を選ぶことは、ある意味本当の会社組織でないからこそ、切実に必要な条件であると、私がこの人でも思うだろう。

「稼げた人は、高確率で私の事業を手伝っていただいてます。」という説明が、キチンとなされている。

 

つまり、単純に、このノウハウを売ることそのものの収益を狙っているわけではない、ということなのである。

 

場合によっては、購入者本人も、自分がうまく収益をあげられるようになったら、手を広げて自分の作業をアウトソーシングすることも考えても良いかもしれない。

 

現に、法人化しても構わない、と本人もうたっている。

社員を雇って、面倒な作業自体は社員にやらせればいい、とも話している。

要するに、自分の勘や経験が頼りといった相場をはるようなものでもなく、やはり単純ないわば誰でも出来るような作業の繰り返しなのだろう。それを他人に任せられるくらいにまで自分がこの商法を極めることが出来たら、後は売主と同じように、面倒なことは他人に任せて、自分は『会長』的な立場でゆったりと売上が上がるのをコントロールすることも可能ということなのだ。

売主は、これと同じか、似たような元締め的存在として、利益を享受することが出来る、ということかもしれない。

 

それもこれも、最初から寝ていてなしえることではない、ということだけはハッキリしている。

 

 

・商材(=情報)の信ぴょう性は?

 

その点に関しては、この商材を胡散臭くしている要因の一つに、ネットで出会った人と、いきなり一対一で会わなければ情報が得られないという、高いハードルがある。

これは、いかんともしがたい、マイナスポイントである。

 

しかし、一対一という点においては、情報の拡散を防ぎたいという売り主の意図は理解出来るし、

『機密情報なので、内容が事前に全くわからないという不安はもちろんあるだろうが、購入の際にはその不安を乗り越えることを承知でお願いします。』・・・といった感じの断りもなされている。

本の宣伝にしろ、映画のプロモーションにしろ、中身の肝心なところを全てさらけ出した上で、お金を払って購入したり映画館まで見に来たりしてくれる人など、ほぼ皆無だろう。

こういう情報系のものなら特に、中身がわからないのはそういった意味で仕方のないことでもある。

 

また、会って直接でなければならないという点においては、つまり、このシステムを誤解なくきちんと伝えたいという気持ちの表れなのではないだろうか。

それは、この情報を手に入れた人に、転売や拡散を禁止していることからもうかがえる。

伝言ゲームのように、口伝えで広まった情報ほど、尾ひれがついて全く別のものになる可能性の高いものはないのではないだろうか・・・。だからこそ、伝言ゲームがゲームとして成り立ち、楽しくもあるのだ。しかしこの商材においては、それはとても致命的だ。情報を得ただけでは、うまく稼げるようにはならない、とハッキリうたわれているように、レクチャーがあってこその稼げる仕組みであるようだ。その肝心な部分が、購入者のマニュアルの見落としや読み取り方の違いによる誤解などで、間違って伝わってしまったら・・・。

そんな危険性を極力低くする、効果的な方法ともいえるのではないだろうか。

会って、質問などにもその都度答えながら、商材をしっかりレクチャーしてもらうことが出来れば、その点に関しては安心出来るように思われる。

 

また、情報や手段の枠組みだけを知ったとしても、それだけではうまく効率よくコンスタンスに稼げるようにはならないからこその、直接指導、サポート体制、なのではないだろうか?

 

情報や枠組みだけ丸投げして、後は自分で頑張って、と放り出すのではなく、誤解の無いように自分が責任もって直接ノウハウを伝え、なおかつその後もその人が着実に稼いでいけるように指導・サポートしていくという姿勢の表れなのではないだろうか。

 

人によっては、努力が必要な情報なら、普通に仕事するのと変わらないじゃないか、そんなものに何万も払う必要があるのか?・・・そういった疑問を抱くこともあるかもしれない。しかし、ワンクリックで大金が稼げる!!・・・といった、夢物語ではないからこその、現実的な仕事のノウハウであり、胡散臭いものではないといった証拠にもなるような気がする。

普通の仕事につくことが、そう簡単ではない昨今のような経済状況において、努力する場すらない人も、少なくはないだろう。

 

さらに、そういったネット社会から実社会へと移行する時のある種の不安を取り除く工夫として、身分証の提示や、住民票の原本を持参するといったことも対応しているようだ。

 

契約書も用意しているので、お金の持ち逃げなど、せこいことも考えていないようである。

(そこまでしないといけない、というのは逆に、当たり屋的な購入者による被害にたくさん会ったことによる、自衛策なのかもしれない・・・という気もするが。)

 

 

情報を売るということが目的ではなく、稼げる=自分にも役に立ってくれる人材育成も目的の一つなのだから、当然といえば当然のことだ。

その点においては、安心しても良いのかもしれない。

 

※詳細をもう一度チェックして見たい人は →→→コチラ

 

 

 

・情報を生かすも殺すも自分次第!!

 

結局のところ、このシステムで稼げるのか、否か

 

それはやはり、購入者次第である、という部分が大きいのではないかと考えられる。

こう言うと、購入者のほうが多大なリスクや不安を抱えなくてはならないように思えるかもしれないが、それはなにも、ノウハウを売る側の責任回避なのではなく、そもそも情報とはそういうものなのだ。

 

株でもFXでも、その他の会社勤めなども含めた仕事全般において、お金を稼ぐといったことに関して、他力本願でうまくいくといった甘い考えほど、危険なものはない。『購入者のリスクは全く無し!努力も根気も、時間も全く必要無し!』・・・なんて情報に飛びつこうと思いますか?

タダより高いものはない、とはよく言ったもので、そういった考えに付け込むことこそ、詐欺などといった悪徳商法なのである。

 

このシステムの売主は、一言も「楽して儲ける」「誰でも稼げる」といった夢のようなことはうたっていない

 

いきなり大金を稼ぐといったことも、推奨していない

 

作業時間の確保と根気さえあれば可能だと、作業時間と収入は比例するのだと、はっきり断言している。

 

短期にドカンと稼ぐことも出来るが、不労収入にはなりにくく、長期でコツコツ稼ぐことを勧める、とも明言している。

 

ついでに、合法である、とも言い切っている。

 

つまり、この情報がどういった種類のもので、何に関することなのかは、購入前には一切わからないけれども、魔法のようなお金儲けの話、といった雲をつかむような話ではなく、地道な作業を必要とする、れっきとした『仕事のノウハウ』なのだということは、冷静に読み取ればわかることなのだ。

                                                                                                     

その部分をしっかり踏まえて、

 

まず自分にその地味な作業が出来るのか否か、

 

楽して儲ける道などないと割り切ることが出来るのか、

 

情報に対して余計な先入観や猜疑心などなく向き合うことが出来るのか、

 

そういったことを考えてみることが大切なのではないかと思われる。そうすることで、出だしでのつまづきはまず、回避することが出来る。さらには、情報に向かう姿勢次第で、状況が悪くもよくもなるのではないだろうか。

 

もしかしたら、この情報であなたの人生が変わるかもしれない。

先の見えない不安から解放されるかもしれない。

 

その可能性は、十分にある。

 

 

・追記

 

このシステム自体の信ぴょう性以前に、この商材を語った詐欺まがいのものや、自分が購入したマニュアルの一部を不正に高価に売りつけたりといった悪徳商法が、横行しているようだ。

 

著者自身も、警察に事情聴取されるなどといった、とばっちりを受けているようなので、その点に関しては、十分気をつけたほうが良さそうである。

 

商材を入手して、売主のレクチャーという一番肝心な部分抜きで、高額で売りつけようとする人もいるようだが、

 

そもそも、偽物の情報すらもらえず、お金だけをだまし取られてしまう被害も、横行しているようだ。

 

シ○イユ○カ、マ○ダカ○ヒ○、ヤ○カワ、ミ○キ、これらは偽の販売者らしいので、振り込み相手の名前には要注意だ。

 

そもそも、本物は当人が会って直接指導し内容を伝えるというものなので、お金だけ先に振り込みさせるといった手口はあやしいと思ったほうが良さそうである。

この商材においては、東京で会うなら全額手渡しそれ以外の地方で会う場合でも、まず半額を振り込むというシステムだ。その点はしっかり頭に入れておいたほうがよい。